新作の車高調 ニチエイレーシング 家族も彼女も文句無し(外部サイト)

<PR>

車高を下げる理由はこれ


まだまだ車高を下げる必要性をよく知らない人もいるので、
そもそもなぜ車高を下げるのかを説明しとこう。

 

車高を上げる根本理由はこの2つ

  • コーナーを早く走るため
  • 空気抵抗を小さくするため

車高が高い=重心が高くなり、コーナでは鋭い走りができない。
これは運転すれば一発で体感できる。
車高の高いSUV車と車高の低いスポーツタイプの車では差は歴然。

空気抵抗も同じで、低いほうが抵抗は少なくり、ダウンフォースという力が働くことで、
車の走りを安定させてくれる。

ドリフト走行では、鋭いコーナリングを実現するためにドライバーに合わせて細かいセッåティングを行う。
ドライバーの技量と車の性能がマッチして初めてレースで好成績を残すことが可能になるわけだ。

スピードと操作性を最大限引き出すために車高調は重要な役割を担っている。

しかし、ここまではレースやサーキット走行を楽しむためには重要なことで、
一般道路を走る場合にはどうだろうか?

一般道路走行を目的とした場合はまた違った考え方になる。

一般道路を想定しての車高調

一般道路では制限速度がありますので、高速で走るくらいでは車高調は特に必要ない。
ノーマルでも十分。

それ以外に車高を下げる理由は、単純に見た目の問題かと思う。

車高下げた車は、VIPカー好き、シャコタン好き、走り屋さんなどに多い。
そういうジャンルの車ファンには独自の美的感覚がある。

とにかく低いのがかっこいいと思う人もいれば、その差、数cmに美学を持っている人もいる。
しかし、下げると下げ幅とは関係無く、問題となるのが乗り心地が悪くなる点。

まず、ゴツゴツ感、突き上げ(底つき)、とにかく跳ねる、車体をする、亀になるなど。

一般道路はサーキットのように平坦ではないので、地面の凸凹にかなり影響を受ける。
はっきりいって乗り心地は悪くなる。
走行中に音楽が飛ぶ、ジュースがこぼれる、スピードを出せば出すほど車内が荒れる。

それに車体の底がすることでバンパーの破損、オイル漏れを起こしたり、タイヤのバースト、ホイルの破損などのリスクも出てくる。

このような問題を解決するため、好みの車高を実現した上で、良い乗り心地をキープするために考えられたものが車高調。

(車高調の仕組みについてはここでは割愛) 車高調の仕組みについてはこちら

 

車高調を簡単に説明すると、構造としては大きく分けてスプリング、ショックアブソーバーに分かれる。

正常なスプリングは縮むと必ず伸びるようにできていますが、この動きを制御するのがアブソーバーになる。

この伸び縮みする動きが安定していれば、イコールで乗り心地が良いことになる。

 

車高調の性能を決める要素は、バネレート、アブソーバー性能(オイル、構造)、調整式などいくつかある。

一概にこの車高調が一番と言えないのが現状なのが残念でもあるが仕方がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<PR>