新作の車高調 ニチエイレーシング 家族も彼女も文句無し(外部サイト)

<PR>

単筒式と複筒式の違い


車高調の初心者は分からないことだらけ。

まずは単筒式と複筒式から理解しよう。

ちなみに下の図の黄色の部分は、オイルになっている。

 

CHUBE

 

単筒式と複筒式の違い

車高調・ショックアブソーバー選びに欠かせないポイント。

まずはそれぞれの違いをみていこう。

単筒式(モノチューブ)の特徴

筒が一つ、筒というのはシェルケースと呼ばれるケースのこと。
この中にオイルとガスが入っている。厳密にはオイル室とガス室に分かれてアブソーバーとして作動する。

筒の中にはシリンダー(棒)とピストンバブルがあり、上下するようになっている。
簡単にいうとこのオイルとガスの圧でバネの跳ねを抑えている。

単筒式には正立式と倒立式がある。
倒立式というのは倒立からきており、つまり逆立ち(倒立)して設置するタイプ。
逆立ちさせるメリットは剛性が上がること。

複筒式(ダブルチューブ)の特徴

こちらは筒が二つ、筒の中が2重構造になっている。
ガス室とオイルが分かれておらず、ガス室が底にない分だけシリンダーが下がり、よりストロークする。
このことで乗り心地性能があがるようになっている。

街乗り、単純なドレスアップに向く理由がここにある。


それぞの特徴とメリット、デメリットを紹介する。

単筒(モノチューブ)のメリット

  • ピストンバルブが大きい分、細かい調整が可能になる
  • 車体に取り付ける際、取り付け角度が自由になる
  • オイルの量が多くなるので熱放射性が高い
  • オイルとガスが別になっているのでエアレーションがおきない
  • オイル量が多いと安定した性能を維持できる

単筒(モノチューブ)のデメリット

  • ストロークが複筒式に比べ減る
  • 高圧の影響で乗り心地が硬くなる
  • フリクションが大きい
  • シェルケースへのダメージに弱い


複筒(ダブルチューブ)のメリット

  • ガス室のスペースが内分、十分なストロークが確保できる
  • ガス圧を低くでき、乗り心地をよくできる
  • フリクションが小さい
  • 2重構造の分、シェルケースの破損にも多少耐えられる
  • コストが安い分、低価格を実現できる


複筒(ダブルチューブ)のデメリット

  • 単筒式と比べ、オイル量が少なくなる
  • ピストンバルブのサイズに限界がある
  • 取り付け角度に限界がある
  • エアレーションが起きやすい


結局のところ、どっちがいい?

一概に言えない問題だが、どこでどのように乗るのかとうシチュエーションで考えるしかない。

どこをメインに走るのか?

ストリートを走るのか、サーキットなどを走るのかで変わる。
路面の状態を考えるとストリートではよりストロークを要求される。
このため、ストリート用には複筒式が一般的になっている。

単筒式、複筒式双方にメリットデメリットはやはりある。
だから選択肢は用途、車種、下げ幅によってくる。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<PR>